ズンガリプテルス
     Dsungaripterus

(写真:日本科学未来館 世界最大の翼竜展/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類:翼竜
学名:Dsungaripterus
学名の由来:ジュンガル(盆地名)の翼
産地:中国 新疆ウイグル自治区
時代:白亜紀前期

●解説

 翼開長は約3〜4mで、プテノダクティルス類(尻尾が短いグループ)の翼竜です。
 ピンセットのようなクチバシを持っているのが特徴で、このクチバシにはギザギザの歯もしくは歯状の構造物を持っていました。これは貝やカニなど、硬い餌を噛み砕くのに適していたものと考えられ、その食生ゆえに頭骨も頑丈な構造でした。
(解説:馬藤永徳)