アンハングエラ
     Anhanguera

(写真:日本科学未来館 世界最大の翼竜展/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類:翼竜
学名:Anhanguera
学名の由来:ブラジルの先住民、トゥビ族の言葉で”年老いた悪魔”
産地:ブラジル セアラ州
時代:白亜紀前期

●解説

 翼開長は約4mで、やたらに長いクチバシと、その先の歯、口先の丸みの帯びた骨盤が特徴の翼竜です。この口先を水中に入れて、飛びながら魚を取っていたのではないかと考えられています。丸みの帯びた骨盤は、水切りの役目があったようですね。
 なお、プテノダクティルス類(尻尾が短いグループ)に分類されます。
(解説:馬藤永徳)