ウネンラギア
     Unenlagia

(写真:国立科学博物館/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類: 獣脚亜目
学名: Unenlagia
学名の由来:不完全な鳥(を意味する現地の言葉に因む)
産地:アルゼンチン ネウケン州
時代:白亜紀後期

●解説

 ドロマエオサウルス科としては、アルゼンチンで初めて見つかったもの。このグループの特徴である、脚の大きなカギ爪(通常は上を向いて地面とは接していない→狩りをするときに振り下ろして使ったと思われます)に、鳥類のような上腕骨などを持っています。

 また、眼は正面を向いているため、立体視できると思われます。
(解説:馬藤永徳)