タペヤラ/タペジャラ
     Tapejara

(写真:国立科学博物館/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類: 翼竜
学名: Tapejara
学名の由来:大昔の神様(ブラジルの先住民族トゥピ族の神話より。日本語訳は色々あり)
産地:ブラジル セアラ州
時代:白亜紀前期

●解説

 歯のない翼竜としては世界最古。翼開長が1.8mと小型です。
 口に「こぶ」のようなふくらみがあり、食物をつぶす役目があります。また、歯が無く、短い「くちばし」の形状などから、この種は果実を食べて生活していたと考えられています。

 尻尾の長い種と短い種が翼竜にはありますが、こちらは長いほうです(一般的には大型の翼竜が短い)。また、トサカはディスプレイや体温調節の役割があったと考えられていますが、研究者の間で様々な意見があります。
(解説:馬藤永徳)