クンミンゴサウルス
     Kunmingosaurus

(写真:福井県恐竜博物館/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類: 竜脚亜目
学名: Kunmingosaurus
学名の由来:クンミン(中国の地名?)のトカゲ
産地:中国雲南省
時代:ジュラ紀前期

●解説

 1954年に発見された恐竜で、竜脚類の中では原始的なもの。頭骨や下顎が比較的大きく、スプーン状の歯を持っています。また、指の先には滑り止めのためと思われる、大きな爪が発達しているのが特徴です。
 なお、一時はルーフェンゴサウルス・マグヌスとされていました。
(解説:馬藤永徳)

●復元モデル

(写真:福井県恐竜博物館/撮影:裏辺金好)