モノニクス
     Mononykus

(写真:2008年「恐竜大陸」in幕張メッセ/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類: 獣脚亜目(鳥類?)
学名: Mononykus
学名の由来:1つのツメ
産地:モンゴル
時代:白亜紀後期

●解説

 2008年の「恐竜大陸」では鳥類として紹介された、きわめて鳥に近い恐竜で、もしかすると鳥そのものかもしれません。
 全長は1mで、外見的な最大の特徴は、腕に一本のツメしか持っていないことです。この太く短いつめは、何に使われていたのか、諸説考えられています。一説には、蟻塚を破壊するために使っていたと考えられています。また、くちばしには歯が無く、復元される際には、当然のように羽毛がつけられています。
(解説:馬藤永徳)

●ここに注目!

1本しかないツメ。しかも、武器に使うには腕が短すぎます。
(写真:2008年「恐竜大陸」in幕張メッセ/撮影:裏辺金好)