インゲニア
     Ingenia

(写真:2008年「恐竜大陸」in幕張メッセ/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類: 獣脚亜目
学名: Ingenia
学名の由来:天才
産地:モンゴル
時代:白亜紀後期

●解説

 卵泥棒という名前をつけられてしまったことで有名な、オヴィラプトルの仲間。この仲間はトサカがあるものが多いのですが、インゲニアには大したトサカがありません。またオヴィラプトル類は、頭骨の脳を入れる容積が大きく発達しており、ドロマエオサウルス類と同じように、頭が良かったと考えられています。
 さて、インゲニアはオヴィラプトル類の中でも最も前肢が短いのが特徴。また、長い第1指には、厚さのある少し曲がった末節骨があります。
(解説:馬藤永徳)

●ここに注目!

1本しかないツメ。しかも、武器に使うには腕が短すぎます。
(写真:2008年「恐竜大陸」in幕張メッセ/撮影:裏辺金好)