ファベイサウルス
     Huabeisaurus

(写真:2009年「恐竜2009砂漠の奇跡」in幕張メッセ/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類: 竜脚亜目
学名: Huabeisaurus
学名の由来:華北のトカゲ
産地:中国 河北省
時代:白亜紀後期

●解説

 全長20mのティタノサウルス類。多数の個体が部分的な骨格で見つかっており、それらを統合して全体像が考えられています。また、頭骨がしっかり発見されているのが特徴です(竜脚類は頭部が失われやすいのです)。なお、尾椎の関節面はシンヘサウルスと似て、平らに近いのが特徴です。
(解説:馬藤永徳)