モノロフォサウルス
     Monolophosaurus

(写真:福井県恐竜博物館/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類: 獣脚亜目
学名: Monolophosaurus
学名の由来:一つの畝を持つトカゲ
産地:中国 新疆ウイグル自治区
時代:ジュラ紀中期

●解説

 1984年にほぼ完全な骨格で発見された肉食恐竜で、アロサウルス科に属しています。
 頭骨の中央によく発達したトサカ状の骨があり、トサカの内部は空洞で、鼻の通気口につながっています。なお、このトサカは、性別判断や、音を出す器官として使われていたと考えられています。
(解説:馬藤永徳)

●復元モデル

(写真:福井県恐竜博物館/撮影:裏辺金好)