デイノニクス
     Deinonychus

(写真:福井県恐竜博物館/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類: 獣脚亜目
学名: Deinonychus
学名の由来:怖ろしい鉤爪
産地:アメリカ ワイオミング州
時代:白亜紀前期

●解説

 デイノニクスは、細長い後肢を持った肉食恐竜です。活発に走り回り、獲物を捕らえたと考えられています。このことが明らかになったことで、恐竜はノロマであるという従来のイメージが覆されました。このことは、「恐竜恒温動物説の台頭」と「恐竜=鳥類の祖先説の台頭」をもたらすきっかけとなりました。
 後足の第2肢には、大きく鋭く尖った鉤爪があります。この鉤爪は、関節を中心に回転させることが出来たと考えられています。普段は爪を上げ、獲物をとるときだけ、回転させて武器として使っていたのでしょう。また、長い尾は長く伸びた棘突起でまっすぐ固められており、体のバランスを取るのに役立っていました。
(解説:馬藤永徳)

●復元モデル

(写真:福井県恐竜博物館/撮影:裏辺金好)