エドモントサウルス
     Edmontosaurus

(写真:福井県恐竜博物館/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類: 鳥脚亜目
学名: Edmontosaurus
学名の由来:エドモントン累層のトカゲ(※(この属としての)最初の発見地であるカナダ・アルバータ州の地層名)
産地:アメリカ サウスダコタ州
時代:白亜紀後期

●解説

 ハドロサウルス科の草食恐竜で、口ばしの部分が長く、幅が広いため、頭骨が全体的に平たく見えるのが特徴です。また、あごの先端は、角質の口ばしとなっており、ギザギザの構造があります。
 この恐竜で特筆すべき点は、ミイラ化された個体が発見されていること。軟組織が残っていたことから、大きな反響がありました。
(解説:馬藤永徳)

●復元モデル

(写真:福井県恐竜博物館/撮影:裏辺金好)

●ミイラ化したエドモントサウルス

(写真:福井県恐竜博物館/撮影:裏辺金好)