エウオプロケファルス(ユーオプロケファルス)
     Euoplocephalus

(写真:福井県恐竜博物館/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類: 装盾亜目曲竜下目
学名: Euoplocephalus
学名の由来:立派な装甲をつけた頭
産地:アメリカ モンタナ州
時代:白亜紀後期

●解説

 アンキロサウルス科を代表する恐竜で、大きいものは6〜7mになります。完全な骨格が見つかっており、アンキロサウルスよりもよく研究されています。特徴としては腕が短く、幅広の口を持ち、小さな歯を持っていることから、下草、それも柔らかいものを食べていたと考えらています。また、尾椎の十個が棍棒状の形状になっており、武器として使っていたと考えられています。
(解説:馬藤永徳)

●復元モデル

(写真:福井県恐竜博物館/撮影:裏辺金好)