ガルディミムス
     Garudimimus

(写真:国立科学博物館/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類:獣脚亜目
学名: Garudimimus
学名の由来:ガルーダもどき
産地:モンゴル ウムヌゴビ県 バイシンツァフ
時代:白亜紀後期

●解説

 原始的なオルニソミモサウルス類(通称「ダチョウ恐竜」)です。より進化したオルニトミムス等と比べると、高速で走ることには適応していません。また、比較的足が短く、重厚なのも特徴です。
 なお、上写真で紹介した本化石は亜成体ですが、比較的全身の骨がそろっており、特に頭部が綺麗に保存されています。目より後ろの部分が長いという、本種の特徴が良く分ります。また、歯が無くてクチバシを持っていました。
(解説:馬藤永徳)

●参考:オルニトミムス


(写真:福井県恐竜博物館/撮影:裏辺金好)