バガケラトプス
     Bagaceratops

(写真:国立科学博物館/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類:周飾頭亜目角竜下目
学名: Bagaceratops
学名の由来:小さな角のある顔
産地:モンゴル
時代:白亜紀後期

●解説

 恐竜が繁栄した時代の中では、後期に登場した恐竜ですが、原始的な特徴を持ったプロトケラトプス科の恐竜です。小型で、フリルもあまり発達していません。なお、このフリルには穴が開いていないとされていましたが、現在では穴が開いた固体も発見されています。
 ちなみに顔に角はなく、こぶ上の隆起が存在していました。歯が10本以下と少ないのも特徴です。
(解説:馬藤永徳)

●頭骨

(写真:国立科学博物館/撮影:裏辺金好)