プテロダクティルス
     Pterodactylus

(写真:日本科学未来館 世界最大の翼竜展/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類:翼竜
学名:Pterodactylus
学名の由来:翼の指
産地:ドイツ ゾルンホーフェン
時代:ジュラ紀後期

●解説

 翼竜としては最も早く発見されたもので、最古の翼竜の1つでもあります。
 翼開長は18cm〜88cmと様々ですが、多くは20cm程度、たまに1m近くまで成長する種がいました。また、短い尻尾と長い首が特徴であるほか、歯が生えていることから、虫や小型の魚を食べていたと考えられています。

 余談ですが、この翼竜の仲間をプテロダクティルス類と呼んでおり、尾が短いのが特徴。これ以外の尾が長い翼竜のグループを、まとめてランフォリンクス類と呼んでいます。
(解説:馬藤永徳)