クテノカスマ
     Ctenochasma

(写真:日本科学未来館 世界最大の翼竜展/撮影:裏辺金好)
●基本データ
分類:翼竜
学名:Ctenochasma
学名の由来:くしの顎
産地:ドイツ ゾルンホーフェン
時代:ジュラ紀後期

●解説

 翼開長は約120cm。下あごの先端の、くしのような細い歯が特徴。歯は60本から400本以上に増えたとか。こういう形状の歯を持つ翼竜は、プランクトンなどの餌をこしとるように食べていました。
(解説:馬藤永徳)