徳島城〜徳島県徳島市〜 
  Tokushima Castle

▼MAP

▼アクセス
JR高徳線 徳島駅


▼関連サイト

徳島市立徳島城博物館
 徳島城は、豊臣秀吉から阿波を与えられた蜂須賀家政が築城した平山城で、1586(天正14)年にほぼ完成しました。その資材は、それまでの阿波の中心であった勝瑞城や阿波一宮城からも転用されています。
 天守閣は当初、山上に作られたようですが、元和年間(1615〜20)年に少し下がった位置にある東二の丸で再建築されました。その後、蜂須賀氏の居城として明治維新を迎えますが、陸軍省の広島鎮台の管轄となったことから鷲(わし)の門以外は、1875(明治8)年に全て解体され、その鷲の門も太平洋戦争で焼失。
 1989(平成元)年、徳島県出身の個人の方が鷲の門を復元し徳島市に寄贈。位置は道路との関係で、厳密には往時と異なっているそうですが、徳島城のかつての姿を偲ばせています。
(写真:デューク/解説:裏辺金好)
徳島城の風景

徳島城にて
 

下乗橋
 藩主の御殿における正面出入口。ここで駕籠など乗り物からは降りる必要がありました。江戸時代は木製の太鼓橋でしたが、1869(明治2)年に花崗岩製の橋となり、さらに1908(明治41)年に、水平の橋へ改造されました。

徳島城にて
 写真奥は徳島城博物館(表御殿跡)。1992(平成4)年に開館し、徳島城のイメージを損ねないよう、御殿風になっているのが特徴です。

徳島城にて