弘前城〜青森県弘前市〜 
  Hirosaki Castle

▼MAP

▼アクセス
JR弘前駅よりバス

▼関連サイト

弘前市HP 弘前公園
弘前観光コンベンション協会
 弘前城は1603(慶長8)年、津軽為信がそれまでの大浦城、堀越城が手狭であったことから、当時は鷹岡(高岡)と呼ばれていた場所に築城を開始したのが始まりです。まもなく為信は亡くなったことから、跡を継いだ為信三男の、津軽信枚によって1610(慶長15)年に築城を本格的に開始。既存の城門などを移築することによって、わずか1年ほどで城はほぼ完成し、以後は津軽氏代々の居城として発展しました。
 自然の地形を生かした天然の要害で、北は岩木川の支流を東西に流して堀とし、南側は南溜池を配置しています。また、本丸は総石垣ですが、ほかは全て土塁構造で、さらに大型の櫓門を持ちながらも、続櫓を配置する枡形構造になっていないのが特徴です。

 現在でも天守、櫓、城門が数多く現存し、しかも本丸、二の丸、三の丸、おまけに付属曲輪が現存する、縄張りの保存状態が抜群。三重の水濠などが今でも見られ、武家屋敷の古い街並みまで見ることが出来ます。1895(明治28)年からは弘前公園として一般に開放され、現在は桜の名所としても親しまれています。

弘前城の風景

天守閣
 元々の天守閣は、本丸西南隅に5層の華麗なものが建てられていましたが、1627年に落雷で焼失してしまいました。しかし、武家諸法度によって天守閣の再建が制限されていたことから、隅櫓を改築することにより、実質的に3層の天守閣としました。小ぶりですが、東北はもちろん東日本で唯一の江戸時代からの現存天守閣です。

風景
 奥に見える天守閣との組み合わせが美しい赤いこの橋は、藩主と一部の許された者以外は、必ず乗り物から降りて、歩いてわたらないといけないことから、下乗橋と呼ばれています。

三の丸追手門 【国重要文化財】
 1610(慶長15)年築。17世紀後半に碇ヶ関に通じる道が造られたことにより、ここが大手口となりました。

二の丸辰巳櫓 【国重要文化財】
 1610(慶長15)年築。土塁の上に石垣の基壇を設置して簡易に建てられた隅櫓です。

二の丸未申櫓 【国重要文化財】
 1610(慶長15)年築。こちらも土塁の上に石垣の基壇を設置して簡易に建てられた隅櫓です。

二の丸南内門 【国重要文化財】
 1610(慶長15)年築。西隅に未申櫓、東隅に辰巳櫓を従えた門です。お気づきと思いますが、前述の通り大型の櫓門を持ちながらも、櫓門はあくまで「単独」で建っており、続櫓や前面に高麗門などを設置しているわけではありません。

二の丸東門与力番所
 城内の主要箇所に設置された見張り場所で、かつては12箇所にあったといわれています。現存する二の丸東内門の与力番所は、江戸時代中期に古材を用いて再建されたものと考えられています。

二の丸東門 【国重要文化財】
 1610(慶長15)年築。

二の丸丑寅櫓 【国重要文化財】
 1610(慶長15)年築。

三の丸東門 【国重要文化財】
 1610(慶長15)年築。弘前城の東側を固める門。

北の丸北門 【国重要文化財】
 1610(慶長15)年築。別名「亀甲門」と呼ばれ、大光寺城の大手門を移築して再利用したものとも伝わっています。かつてはこちらが追手門だったとか。

MAP
 現存する城の様子、ここまでしっかりと縄張りが堪能できる城も数少ないものです。

弘前城下の風景

旧岩田家 【県重要文化財】
 寛政時代後期から文化年間の建築。建築時の特徴を強く残す武家屋敷です。式台の「げんかん」があり、家族が日常生活を送る部屋を通らないで、直接「ざしき」にいくことが出来るのが特徴。

旧岩田家 【県重要文化財】
 内部の様子。なお、岩田家などがある亀甲門北側は仲町伝統的建造物群保存地区(国指定重要伝統的建造物群保存区)と呼ばれるエリアで、弘前藩第2代藩主、津軽信枚によって造成された城下町。現在でもその風情を色濃く残しているのが特徴です。

石場家 【国重要文化財】
 江戸時代中期築。弘前藩の豪商で、藁工芸品や荒物を扱っていた商家の邸宅です。弘前城の北門(亀甲門)の目の前にあります。

弘前城下の近代建築
 弘前には数多くの古建築が残っており、それを全て見て回るのは簡単なことではありません。ここでは、弘前城周辺で撮影した近代建築を紹介します。明治以降、弘前には地元の人々の英知を結集して、優れた洋風建築が数多く建てられました。現在でも市内各地に多数が現存しています。

旧弘前市立図書館 【県重要文化財】
 1906(明治39)年築。東奥義塾の敷地に建てられた、斉藤主、堀江佐吉らの建築による木造洋風3階建てのルネッサンス様式の建物で、左右の八角形のドーム型双塔や、軒先の蛇腹などが特徴です。

旧弘前市立図書館 【県重要文化財】
 1階の様子。なお、斉藤主、堀江佐吉らは日露戦争に伴う第八師団の戦時諸施設の建設で多額の利益を得ましたが、その利益を公共のために使おうと考え、図書館を建築して弘前市に寄贈。御覧のように、後世に残る名建築となるよう力が入れられました。

旧弘前市立図書館 【県重要文化財】
 2階の様子。

旧東奥義塾外人教師館 【県重要文化財】
 1901(明治34)年築、設計:アメリカ・メソジスト伝道本部
 青森県初の私学校である東奥義塾の外国人宣教師住居で、実際の建築は堀江佐吉が担当しました。煉瓦の土台と窓を多く設けた造りが特徴です。

旧第五十九銀行本店本館(現、青森銀行記念館)
 【国重要文化財】
 1904(明治37)年築。堀江佐吉の設計・建築による、旧第五十九銀行(青森県初の銀行)本店の本館で、ルネッサンス風の建物ですが、金唐革紙を天井に施し、県産ケヤキでカウンターを造るなど、和洋折衷の建築です。なお、旧五十九銀行は、現在の青森銀行の母体です。

旧第五十九銀行本店本館(現、青森銀行記念館)
 【国重要文化財】
 

日本キリスト教団弘前教会 【県重要文化財】
 1906(明治39)年築。設計は桜庭駒五郎(弘前教会の長老)で、その姿からわかるとおり、パリのノートルダム大聖堂をモデルにした双塔式ゴシック風の教会で、堀江佐吉の息子である斉藤伊三郎の手によって建築されました。

JR/弘南鉄道 弘前駅
 現代建築ですが、弘前駅の玄関口はこんな感じ。

100円バス
 弘前駅と弘前城などの中心部は多少離れているため、バスによる観光が便利です。