村上城〜新潟県村上市〜 
  Murakami Castle

▼MAP

▼アクセス
JR村上駅より徒歩

▼関連サイト

ビジュアル再現村上城 CGでよみがえる村上城
 村上城の築城起源は明確ではありませんが、戦国時代初頭(1500年ごろ)に本庄氏によって築城されたと考えられています。標高135mの臥牛山に造られたこの城は、上杉氏とその配下である本庄氏が豊臣秀吉によって会津に移封されたことに伴い、1598年に堀秀治の家臣・村上頼勝が城主となります。

 さらに1618(元和4)年、堀直寄が10万石で入城すると城と城下町の整備を大々的に進め、近世村上城が完成。さらに1663(寛文3)年、時の城主である松平直矩(なおのり)が修築を行い、天守閣も新造しますが、これは4年後に落雷で焼失し、以後は再建されませんでした。

 さて、村上城の城主は目まぐるしく変わり、中には将軍の徳川家宣、徳川家継父子に仕えた間部詮房が徳川吉宗時代に高崎から移封(左遷?)されています。1729(享保5)年に内藤弌信が入城すると、明治維新まで内藤家の領有となりました。

 残念ながら1876(明治8)年までに城は破却されてしまい、遺構は殆ど残っていません。ただし、市内各地に武家屋敷が数多く現存しており、江戸時代の村上の面影は随所に見ることが可能です。
(写真&解説:裏辺金好)

村上上復元予想図。雰囲気としては、愛媛県の松山城のような感じかも。

村上城遠景
山頂部はやはり高く、登るのも一苦労。

村上城山麓
現存する石垣。

追手門跡
村上城の正門の跡で、城門の中では最大規模であったと考えられています。

若林家住宅 【国重要文化財】
300石取りの比較的上級武士の屋敷。新発田城下の石黒家(70石)と比べて、部屋数も多く、
玄関も真ん中のお客さん用の式台玄関、その左に主人を中心とした男性用の内玄関、
さらに女性と使用人用の勝手口の3つが存在。
ちなみに、冬支度ということで、かような姿になっております。


若林家住宅
と言うわけで内部。左側が内玄関、右側が勝手口。
ちなみに、観光客は勝手口から入ることになりまして、どうやら格下との扱いみたいですナ(笑)。

三の丸記念館
明治40年に旧村上銀行本店として建てられたもの。内部は改装されていますが、
昭和57年まで現役だったようで、木造の銀行建築として非常に貴重。

古い街並み
村上市は商店街に古い町屋が残っているのが特徴で、
数年前から有志一同によって急速に復元整備が進められています。

武家屋敷と古い街並み

武家屋敷「藤井家住宅」
 1850(嘉永3)年築。

武家屋敷「嵩岡家住宅」
 1850(嘉永3)年築。

武家屋敷「嵩岡家住宅」
 1858(安政5)年築。

古い街並み
 

古い街並み

古い街並み