前橋城〜群馬県前橋市〜
  Maebashi Castle

▼MAP

▼アクセス
JR両毛線前橋駅

▼関連サイト
前橋東照宮ホームページ
 古くは厩橋と呼ばれたこの地に、城が築かれたのは15世紀のこと。この地域の豪族である長野氏による石倉城を起源とし、戦国時代には上杉謙信が小田原の北条氏を攻める際の拠点とし、また武田氏、さらには織田家の重臣、滝川一益、さらに北条氏も後に前橋を領有するなど戦略上重要な場所でした。

 北条氏が滅亡し徳川家康が関東を治めるようになると、側近の平岩親吉が送り込まれます。さらに関ヶ原の戦い後は川越から酒井重忠が入封し、下馬将軍といわれるほど権勢を誇った酒井忠清ら9代150年間、譜代大名の名門である酒井家の居城として機能します。また、1649(慶安2)年に厩橋を前橋と改称しています。

 1749(寛永2)年になると酒井忠恭が姫路に移封され、その姫路から代わりに松平朝矩が15万石入城。ところが城の横を流れる利根川の洪水によって城が崩壊。この松平家は代々、転封に次ぐ転封で全国を渡り歩いた家柄で、お金も無かったこともあってあり、前橋城の修築が財政的に困難でした。

 そこで1767(明和4)年に川越に居城を移し、前橋城は陣屋を置いて廃城になりました。これで城の歴史は終わるかと思いきや、1867(慶応3)年に再び修築。藩主が戻ってくることになり、また土塁の要所要所に砲台を設置するなど、時代の変化に多少合わせた構造になっています。

 ・・・ところが翌年に明治維新。1871(明治4)年の廃藩置県によって前橋城は廃城となり、城跡は公共用地などに転用。本丸に群馬県庁、二の丸に前橋市役所、三の丸に前橋公園が置かれ、わずかな土塁を残して痕跡を余りとどめていません。

(写真&解説:裏辺金好)

複雑な縄張りを持つ幕末時代の前橋城。

本丸北側を守った高浜門跡。

本丸に県庁が置かれるのは福井城の例がありますが、前橋城は内堀まで破壊され、土塁の一部を除いて更地化。
なお、右の群馬県庁旧本庁舎(現在は昭和庁舎)は1928(昭和3)年築。

東照宮
1871(明治4)年に川越から移築されたもので、部材を解体してここまで運んだものです。