富山城〜富山県富山市〜
  Toyama Castle

▼MAP

▼アクセス
JR北陸本線富山駅より徒歩か市電

▼関連サイト

富山市郷土博物館・富山市佐藤記念美術館公式ホームページ
 1543(天文12)年、越中を支配していた神保長職の家臣と言われる水越勝重が藤井村、後の富山に築城したのが最初。当時は、安住城と言われました。

 その後、富山城は神保家、上杉家、織田家の抗争の地となり、結局織田家家臣、佐々成政(さっさなりまさ)が1582(天正10)年に富山城に入城した。その年に信長は本能寺の変で死亡し、佐々成政は豊臣秀吉と戦う。しかし、降伏し、代わって加賀前田氏の支配するところとなる。一時、廃城となりましたが、1639(寛永16)年に前田氏の支藩として富山藩が創設され、明治に至ります。

 建物は江戸時代の頃から大火で何度も焼け、明治以降も本丸御殿が焼けるなど、全ての物が失われ、現在見る天守閣は1954(昭和27)年、城址公園で富山産業大博覧会が開催された際、「博覧会のシンボルになるものを築こう」の声に押され、戦後の築城ブームの先頭を切って建設されたものです。

 しかし、なんと犬山城や彦根城を参考に造った天守閣で、極めていい加減な物。そもそも、天守閣は富山城に無かったとか。それでも、建造から50年も経つと、富山のシンボルとして定着しており、さらに2008(平成20)年には市内の民家へ移築されていた千歳御門が寄贈されて、城内に再移築されています。

(本文・写真:裏辺金好)


千歳御門

模擬天守閣
富山城模擬天守閣(リニューアル前)
 白壁が黒ずんだ状態(2002年)。お世辞にも見られた雰囲気ではなかったが・・・。
富山佐藤記念美術館
 城内に建つ美術館。城郭風の建築であるが、江戸時代にあった建物を再現したわけではない。なお、これは富山県砺波市出身の実業家であり茶人でもあった、故佐藤助九郎氏が中心となって造られたもの。平成14年に富山市へ寄付された。