高岡城〜富山県高岡市(2)〜 
  Takaoka Castle

▼MAP

▼アクセス
JR北陸本線高岡駅より徒歩

▼関連サイト

高岡市観光協会
▼弊サイト内関連ページ
富山県高岡市(1)高岡大仏と古い街並み
富山県高岡市(3)雨晴海岸と伏木地区
 富山城が火災で全焼したため、1609(慶長14)年に加賀金沢藩2代藩主の前田利長が築城させたもの。設計は築城の名手といわれた高山右近の手になるといわれています。
 元和年間(1615〜24)に、一国一城令の影響で取り壊されましたが、江戸時代を通じて城跡は残り、明治維新後はいち早く公園となり、高岡古城公園として市民から親しまれています。また、現在も城内は堀と一部の石垣が残っており、城の構造がよく解ります。
 なお、高岡自体は商工業の町として発展し、現在は富山県で富山市に次ぐ大きさの市。特に、銅器の製造で名高く、古い街並みも残っています。
高岡城の風景

石垣
 樹木に埋もれていますが、石垣も現存。

本丸跡
 本丸跡は広場として活用されています。

前田利長銅像
 本丸に建立されている前田利長の銅像。甲冑姿の非常に勇壮な姿です。


 高岡城は周囲の堀がしっかり残っているのが特徴。いささか樹木の元気が良すぎますが、城としての面影を今にとどめています。