浜松城 はままつ
所在地:静岡県浜松市
交通・最寄駅:JR東海道新幹線・東海道本線 浜松駅よりバス

荒々し石垣の積み方 徳川家康の像

 今川氏が築城した曳馬城を取り込む形で、徳川家康が遠州攻略の拠点として1570年に築城し入城。17年間過ごす。
 その後、豊臣秀吉の命令で徳川家康は関東に去り、豊臣家家臣・堀尾吉晴が入城。家康が関ヶ原の戦いに勝利すると、ここ浜松は徳川家譜代の家臣が治めた。

 掛川城と同じく、多くの大名が浜松に来ては去っていき、一方で、この城を治めた大名は老中にまで成ることも多く、「出世城」という別名も存在。有名な大名に、天保の改革を実行した水野忠邦がいる。

 現在の天守閣は、昭和33年に再建された模擬天守閣。つまりニセモノ。実際の所、天守閣が浜松城に存在した時期は僅かだったらしい。
 しかし、天守台をはじめとする石垣。野づら積みと呼ばれる堅固な作りで、非常に荒々しい、力強い感じ。築城当時の古い石垣の特徴をよく残しており、これだけでも必見。

(写真・本文:裏辺金好)