曳馬城 ひくま
所在地:静岡県浜松市
交通・最寄駅:JR東海道新幹線・東海道本線 浜松駅よりバス

   

 現在の浜松城の向かい側にあるが、正しくは、浜松城の一領域として取り込まれたものである。
 城の起源は諸説あるが、1512(永正9)年、尾張国・遠江国守護・斯波義達の被官で浜松周辺の代官であった大河内貞綱が曳馬を占領し、勢力拡大中の今川氏親と戦った記録が残る。

 この時、氏親は金掘人夫を呼び出し、トンネルを掘って井戸を壊して落城させ、今川家家臣・飯尾賢連に治めさせて、飯尾氏の城となります。

 氏親の孫・今川義元が桶狭間の戦いで戦死し、馬鹿息子で有名な今川氏真が跡を継ぐと、時の城主・飯尾連竜はこれに見切りを付け、徳川家康に内通。しかし、氏真に発覚し、攻められます。しかし、氏真は、曳馬城を攻略できず、両者はいったんは和睦するが、結局、飯尾連竜は氏真に呼び出されて、毒殺されます。

 その後、家康はこの地に侵攻し、曳馬城を接収。この城の地域も含め、広大な浜松城を建設していきます。現在、遺構を確認できる物は残念ながらなく、僅かに東照宮という神社が建つのみである。

(写真・本文:裏辺金好)