犬山城〜愛知県犬山市〜
  Inuyama Castle

▼MAP

▼アクセス
名古屋鉄道犬山駅より徒歩かバス

▼関連サイト
財団法人 犬山城白帝文庫
 1469(文明元)年に、室町幕府管領斯波義郷(しば・よしさと)の家臣・織田信広が築城。その後、犬山の織田家は一族の織田信長によって倒され城は落城し、1595(文禄4)年信長の次男・信雄(のぶかつ)の家臣・石川光吉の支配下に置かれ城と城下町の大改修が行われました。現在私たちがみる犬山城の天守閣はこの頃の建築で、現在日本に残る12の天守閣の中では福井県の丸岡城と共に最古の部類です。


 江戸初期からは、尾張徳川家の家老が城主をつとめ、初代小笠原氏のころ城下町がととのえられます。さらに1617(元和3)年からはやはり尾張藩家老の成瀬氏3万5000石が入り、8代にわたって城主となりました。


 そして明治維新を迎え、1871(明治4)年の廃藩置県で廃城となり、愛知県が保管していましたが、1891(明治24年)年の濃尾震災により、天守閣は大きな被害を受けました。これを受けて1895(明治28)年、修復や保存などを条件に、旧犬山藩主成瀬正肥(成瀬家第九代)へ無償譲渡。多くの犬山町民の浄財をあてて修復されました。


 そのため犬山城は長らく、成瀬家が所有し、犬山市と管理委託契約が結ばれた上で、犬山市が管理を請け負っていました(犬山城の中には成瀬家の住宅も存在)。ある程度城郭の形状を残した城で、個人が所有するのはここだけでしたが、2004(平成16)年4月に成瀬家が主宰する財団法人「犬山城白帝文庫」に移管されています。

(写真&解説:裏辺金好)

犬山城遠景
木曽川と犬山城の組み合わせ。


犬山城下の古い町並み
左は幕末から大正にかけての豪商、米清旧宅で、明治22年築。蔵は大正7年の建築です。


犬山城下の古い町並み
奥に犬山城を臨む。城下町としての面影を良く残しています。


犬山城三の丸 武術稽古場跡


矢来門跡


黒門跡


成瀬家ゆかりの建物


岩坂門跡


犬山城本丸


犬山城天守閣


ここから、犬山城天守閣の中に入っていきましょう。






上段の間
殿様が座るための場所。





天守閣最上層からの眺め