明石城 あかし
所在地:兵庫県明石市
交通・最寄駅:
JR山陽本線 明石駅

巽櫓。白壁が非常に美しい。 明石城外堀に面して存在する織田家長屋門。元々は船上城から移築された物と言われている。

 信州松本から明石に移封された小笠原忠政のために、幕府の命令で姫路城主・本多忠政の監督で築城され、1620(元和6)年に一応の完成となった。天守台はあるが、本丸に天守閣は造られず、城の四隅に三重の櫓が置かれた。
 穴太積みなる技法を使った石垣が扇の勾配とも言われる美しい反りを持っているのが特徴でこの城の魅力である。
 城主は小笠原氏の後、松平氏等の様々な譜代大名が入城し、明治維新をむかえる。維新後は、公園となり一部の櫓や土塀が取り壊される一方で、巽櫓、坤櫓は大規模な補強工事を実施。その甲斐あって 阪神大震災で大きな被害を受けた時、石垣は崩れたが、2つの櫓(巽櫓、坤櫓)は壊れることなく存続した。もちろん、石垣はその後復旧されている。
 なお、巽(たつみ)櫓は明石城が出来る前にこの地域にあった船上城の、坤(ひつじざる)櫓は伏見城の遺構と言われている。

(写真・本文:裏辺金好)