鶴丸城 つるまる
所在地:鹿児島県鹿児島市
交通・最寄駅:
JR九州新幹線 鹿児島中央駅より市電

城内にある小さな庭園 付近にある西郷隆盛(隆永)の像

 鶴丸城は鹿児島市にある島津家の本城。関ヶ原の戦いの後、1602(慶長7)〜1604(慶長9)年に島津家久が築城したと言われているが定かではない。
 1696(元禄9)年、1874(明治7)年の二度の大火で全焼し、現在は本丸の堀と石垣を残すのみ。背後の城山は、西南戦争に敗れた西郷隆盛(隆永)が自害した場所である。
 鶴丸城は館と言って良いほど単純な造りであるが、それは周囲に配した数々の外城による数々の防衛ラインが本城の堅固さを不要にしたと考えられている。

(写真・本文:裏辺金好)