高知城〜高知県高知市〜 
  Kochi Castle

▼MAP

▼アクセス
JR高知駅から
バス又は路面電車で10分
(路面電車の場合、高知城前下車)
▼関連サイト

高知城公式ホームページ

 高知城の起源は、詳細不明ながら南北朝時代に大高坂城が築城されており、戦国時代には長宗我部元親が再構築していたと考えられています。そして、関ヶ原の戦いの功で土佐24万石を得て入城した山内一豊は、当初は浦戸城へ入城しますが、百々安行を総奉行に同地へ築城。旧領主であった長宗我部氏の遺臣に手を焼いた一豊は、その場所へ、自らの力を示す意味合いも込めて築城したとか。ちなみに、この遺臣達は「郷士」という独特の身分に組み込まれていき、幕末まで対立を残したことは有名です。
 城は1603(慶長8)年に本丸と二の丸が完成。地名の方は、一豊が河中(こうち)と改称しますが、2代藩主の忠義は高智と改名。いつしか高知となり、現在に至っています。
 1727(享保12)年に城下町の大火で、追手門を残し天守閣以下大半の建物を焼失。幕府の許可を得て再建に着手し、1753(宝暦3)年まで、約24年をかけて全ての建物が復興されます。
 復興と言っても、創建時の姿をよく再現したと言われ、さらにその創建時の天守閣は、山内一豊の旧領だった掛川城の天守閣を模しているとか。そのため、平成になって復元された掛川城の天守閣は高知城をベースにしています。
 激動の幕末の大舞台の1つであり、1874(明治7)年より高知公園として一般に開放。そして現在も数多くの建物が残る。特に城の基本構成である天守閣・書院・櫓・門などが完全に残っているのは全国でもここだけ。
(写真上:天守閣及び東多門櫓 撮影:デューク 以下全て)

高知城の風景

天守閣・本丸御殿
 天守閣に本丸御殿が接続している古い形式で造られています。なお、本丸御殿は藩主の居室的な役割を持っていましたが、特別な儀式以外では使わなかったようです。

追手門
 高知城の表門で、背後の天守閣との組み合わせは絶景。1727(享保12)年の大火では焼失を免れましたが、1801(享和元)年に建替えられました。

山内一豊の像
 追手門そばに立つ山内一豊。甲冑をつけ、いざ出陣!

千代の像
 一豊の「優秀な」妻としてあまりにも有名な千代の像。こちらは城内に立っており、夫を見送っているようです。隣には、一豊に買ってあげた名馬が。