福井城〜福井県福井市〜
  Fukui Castle

 福井城は、柴田勝家が築城した北ノ庄城の敷地を取り込み、徳川家康次男の結城秀康が1600年に築城させたものです。なお、当時の地名である”北ノ庄”は、1624年に福井藩第3代藩主松平忠昌が「北ノ字は不幸である」として地名を福井に改名(諸説あり)しています。

 縄張りは、徳川家康自らが行ったとも言われており、四重五階の天守と足羽川と荒川を外堀とした三の丸を持つ大きな城でした。しかし、天守閣は1689(寛文9)年に焼失し、以後は再建されていません。また、明治維新後に大半の敷地が売却され、現在は本丸と内堀が残るのみ。

 その本丸には福井県庁、福井県議会議事堂と福井県警が鎮座していますが、2008(平成20)年に御廊下橋が復元され、景観の一部が整えられました。また、福井城北側の三の丸には、2004(平成16)年の福井市立郷土歴史博物館の建設にあたって発掘調査が行われ、その成果を元に舎人門とその一帯が復元されています(上写真)。

 さらに、舎人門周辺に隣接して、江戸時代に「御泉水屋敷」として藩主別邸として使われた養浩館庭園が残っており、藩政時代を偲ばせています。
(撮影・解説:裏辺金好)
 ▼MAP

 ▼アクセス
 JR北陸本線福井駅より徒歩


本丸と御廊下橋

御廊下橋


御廊下橋


本丸


舎人門


養浩館庭園
成立の経緯は不明ですが、1656(明暦2)年、第4代藩主松平光通の側室が
子息をここで産んだことが最古の記録です。

養浩館庭園
現在の名前である「養浩館」は、明治になって元・福井藩主の松平春嶽が名づけたものです。
「御茶屋」と呼ばれた屋敷は第二次世界大戦中の福井空襲で焼失しましたが、後に復元されています。


養浩館庭園

養浩館庭園

養浩館庭園「御茶屋」御月見ノ間


養浩館庭園「御茶屋」御月見ノ間
螺鈿作りの装飾的な脇棚が特徴です。

養浩館庭園「御茶屋」御月見ノ間


養浩館庭園「御茶屋」鎖ノ間
透彫欄間付杉戸には鶏が描かれています。


養浩館庭園「御茶屋」御湯殿
蒸風呂です。