大洲城 おおず
     Ozu Castle
所在地:愛媛県大洲市
最寄駅:予讃線 伊予大洲駅より徒歩、もしくはバス

大洲城天守及び台所櫓
 肱川(ひじかわ)を取り込んだ縄張りの大洲城。天然の外堀に、さらに内堀を配した壮大な規模だった。なお、天守は2004(平成16)年復元。台所櫓は1859(安政6)年に再建されたもので、重要文化財。

  大洲城は室町時代に築城されたといわれているが、詳しいことはわかっていない。藤堂高虎が板島城(のち宇和島城)7万石で入封した際、大洲城に城代を置いており、発掘調査の結果、この頃までに城の基礎が造られた様である。
 1609(慶長14)年に淡路洲本城より脇坂安治が5万石で入封し、大洲城を居城としてふさわしい城に完成。現在見られる天守も、この頃造られたと考えられている。
 1617(元和3)年になると、脇坂氏に代わり加藤貞泰が6万石で入封。以後、明治維新まで13代で大洲を支配した。
 1888(明治22)年に天守は取り壊され、内堀、外堀は大半が埋められた。そして長らく4棟の櫓など、僅かな建築物が残っているだけだったが、2004(平成16)年に木造で天守閣が復元され、昔日の威容を取り戻している。
(写真・本文:裏辺金好)
高欄櫓+天守+台所櫓
 高欄櫓は1861(文久元)年築で、重要文化財。このように、2つの櫓は小天守的な役割を果たしている。
御門番長屋
 天守へ向かう道の途中にある、門番が詰めていた小屋。絵図に従い外観復元が行われた。
下台所
 全国でも非常に貴重な、現存する下台所。本瓦葺の土蔵造となっている。
三の丸南隅櫓
 1766(明和3)年築で、重要文化財。手前のグラウンドはかつては外堀であった。
苧綿櫓
 肱川に面した二の丸東端の櫓。1833(天保4)年築で、重要文化財。
古い街並み
 城下町、大洲には古い街並みが今も残る。