丸岡城〜福井県坂井市丸岡町〜 
  Maruoka Castle

▼MAP

▼アクセス
JR北陸本線 福井駅より
本丸岡行き京福バスで40分
*終点で下車せず、折り返し福井駅行きとなったバスに乗っていると、すぐに城の真横に到着します。

▼関連サイト

福井県坂井市ホームページ「丸岡城」
 丸岡城は1576(天正4)年、柴田勝家の甥で養子の柴田勝豊が築城したもの。現存する二重三層の天守閣がこの時期に建築されたかについては諸説分かれますが、1階と2階が通し柱でないなどの特徴は、慶長後期の天守閣に見られるものであり、1613(慶長18)年ごろの建築ではないかともいわれています。いずれにせよ、犬山城天守閣と並ぶ、現存で日本最古級の天守閣で、屋根が石(笏谷石 しゃくだにいし)で葺かれているのも特徴です。
 城自体は、現在は本丸の丘しか残っておらず、建物も天守閣のみ。あたかも山城のようになっていますが、本来は山麓に二の丸や三の丸が広がり、堀も存在していていました。
 ちなみに、柴田勝家が羽柴秀吉に倒されると丹羽長秀の家臣、青山宗勝が城主に。さらに関ヶ原の戦い後、福井城主となった結城秀康の支城としてしばらく使われ、1613(慶長18)年に本多成重が入城。1695(元禄8)年に4代目の本多重益が御家騒動で断絶すると、越後糸魚川より有馬清純が入封し、明治維新まで有馬氏の支配下に置かれました。
(本文&撮影:裏辺金好)
ギャラリー