駿府城〜静岡県静岡市葵区〜 
  Sumpu Castle in Shizuoka City , Shizuoka Prefetcture

▼MAP

▼アクセス
JR東海道新幹線 静岡駅
静岡電鉄 新静岡駅


▼関連サイト

静岡市役所(東御門・巽櫓)
静岡文化・創造協議会「駿府城の見所」
 徳川家康が、自らの居城として築城させたもので、1589(天正17)年に天守閣をはじめとする二の丸までが完成。しかし、豊臣秀吉によって関東に移封され、代わりに中村一氏が城主になります。ところが、豊臣秀吉が病没し、関が原の戦いに勝利して江戸幕府を開いた家康は、1605(慶長10)年に将軍職を息子の秀忠に譲り、駿府城を大御所政治を行う城として再整備を開始。城下町も大規模に整備され、駿府は大いに繁栄します。
 1635(寛永12)年に城下町で発生した火災が駿府城にも延焼し、天守閣や御殿、櫓などの大半を焼失。以後、天守閣は再建されず、さらに1707(宝永4)年の宝永大地震、1854(安政元)年の安政大地震でも甚大な被害を蒙ります。
 さて、明治維新で政権を失った徳川家は、江戸から駿府に移り、駿河”府中”では不忠に通じる、と明治天皇に配慮し、地名を静岡、という何とも穏やかなものに改名。さらに1870(明治3)年以降、城内の建築の大半が払下げ、取り壊しが実施されます。また、1896(明治29)年には陸軍省の管轄となります。
 戦後は静岡市の管理となり、駿府公園として整備。建物は1989(平成元)年に巽櫓が、1996(平成8)年に二の丸東御門が復元されています。また、外堀、中掘、内堀の3つが見られるのは非常に珍しく、往時の縄張りを良く残しています。
駿府城の風景

巽櫓
 1989(平成元)年復元。二の丸南東の隅櫓で、二層三階の構造です。

東御門
 1996(平成8)年復元。櫓門と多聞櫓から成っています。

駿府城復元模型
 現在も堀はこの雰囲気が良く残っている駿府城。写真左手が、現在の静岡駅方向です。

駿府城天守閣復元模型
 徳川家康の居城に相応しい、五層七階の壮大な天守閣。天守台の上にそのまま建っているわけではないのが特徴的。本体の周りを多聞櫓で囲んでいます。

北御門跡

徳川家康の像
 本丸に立つ徳川家康。

天守台跡
 通常は天守閣は無くとも、天守台は残っているものですが、駿府城の場合は完全に破却されており、今は更地の状態。

大手御門跡
 三の丸堀(外堀)を渡ると大手御門。右手に直角に曲がり、渡櫓門をくぐって、城内に入る構造です。

静岡県庁
 1937(昭和12)年築。三の丸に位置する静岡県庁は、帝冠様式の堂々たる構え。

静岡市役所
 1934(昭和9)年築。大手御門の前、かつての静岡奉行所跡に静岡市役所静岡庁舎、葵区役所が建っています。静岡県庁とのスタイルの対比が面白いですね。

外堀
 駿府城は三の丸の外堀まで現存。

西郷山岡会見の地 【静岡市指定史跡】
 かつての東海道に面した、駿府城近くのこの場所は、1868(慶応4)年に西郷隆盛と、山岡鉄太郎(鉄舟)が徳川家の処分について話し合ったところ(写真左側)。当時、松崎源平衛の屋敷がありました。