玉湯町(島根県 *現、松江市
       Tamayu Town
●調査者名・コメントなど
 調査者:リン
 コメント:弥生時代から平安時代にかけて町内にある花仙山(かせんざん)から産出されるメノウを利用した勾玉作りが行われてきた玉湯町。現代まで勾玉は町のシンボルとされ、マンホールのデザインにも用いられている他、温泉街でも多くの場所で目にすることが出来ます。
●調査者名・コメントなど
 調査者:リン
 コメント:古代の勾玉工房跡などを復元した「出雲玉作史跡公園」にある竪穴住居が描かれた物もありました。