キヤE193系気動車


(写真:東北本線 矢板駅/撮影:U-lineのA)

●基本データ

デビュー年:2002(平成14)年
最高速度:110km/h
保有会社:JR東日本

●JR東日本の検測車両

 JR東日本がキヤ191系・マヤ34形の置き換えとしての後継車両として2002(平成14)年に投入した検測車両で、新潟鐵工所(当時)で3両1編成が製造された。同時期に製造されたE491系電車と瓜二つの外観だが、パンタグラフの位置や排気管などの相違点がある。愛称はEast i-D(イーストアイ・ダッシュディー)で、主にJR東日本管内の非電化区間の検測を担当するほか、JR北海道、東日本各地の第三セクター鉄道や臨海鉄道への出張も行う。

 E491系と同様、建築限界測定車のマヤ50 5001(旧スヤ50 5001)連結して4両で走行することも可能。

↑ PAGE TOP