E995系電車


(写真:大宮総合車両センター/撮影:ロクマルサン)

●基本データ

デビュー年:2008(平成20)年 *E995系として
最高速度:110km/h


●「NE Train スマート電池くん」として再登場

 元々はJR東日本と鉄道総合技術研究所(JR総研)が共同開発したハイブリッド気動車(E991形)で、2003(平成15)年に登場。愛称は「NEトレイン (New Energy Train) 」。2008(平成20)年に燃料電池動車に改造され、E995系(E995−1)となった。
 2009(平成21)年には「蓄電池駆動電車システム」試験車両として再改造が行われ、愛称は「NE Train スマート電池くん」に変更。電化区間ではパンタグラフを使用し、通常の電車と同様に走行を行う。

↑ PAGE TOP