EF510形


JR貨物の0番台。愛称はEco Power Red Thunder
(写真:東海道本線 島本駅/撮影:リン)

●基本データ

デビュー年:2001(平成13)年
保有会社:JR貨物JR東日本

●寝台特急用も誕生した、正統なるEF81形の後継機種

 2001(平成13)年、量産試作機の1号機が登場。2003(平成15)年より量産車が登場した交直流用電気機関車で、日本海縦貫線(北陸、信越、羽越、奥羽本線など)で活躍するEF81の後継車両として開発された。EF210 100番台の交直流型といった位置づけで、直流、交流双方で1時間定格出力はEF210と同じ3390kWとなっている。これはEF81の1.3〜1.4倍である。

 そして2009(平成21)年12月には、JR東日本が運用していた寝台特急「カシオペア」「北斗星」用EF81形の後継車両として、EF510 500番台を登場させた。北斗星用の塗装は赤系統から一転し、ブルートレイン牽引に相応しい青い車体となっており、多くの注目を集めている。また、カシオペア用の車両は客車と同じく銀色をベースにした塗装となっているが、北斗星の運転終了及びカシオペアの定期運行終了に伴い、全車両がJR貨物へ売却されている。

●EF510−1号機


1号機は側面にレッドサンダーのロゴが無く、裾部の白線が2号機以降の量産車に比べ太いのが特徴。
(写真:羽越本線 金塚〜中条/撮影:リン)

●500番台


北斗星用の塗装。客車とも金帯の高さがそろえられ、よりブルートレインらしくなった。
(写真:東北本線 久田野〜白河/撮影:リン)

JR貨物に移籍した後も基本的な塗装は維持しているが、側面に施されていた星のデザインは省略された。
(写真:羽越本線 新発田〜加治/撮影:ひょん君)

カシオペア用の塗装。
(写真:東北本線 東大宮〜蓮田/撮影:リン)


JR貨物に移籍した後も銀色の車体であるが、その他のデザインは全て省略された。
(写真:信越本線 荻川〜亀田/撮影:ひょん君)

↑ PAGE TOP