EF67形

 

EF67 0番台(国鉄色)
(写真:山陽本線 撮影:さく電)

基本データ

登場年:1982(昭和57)年 保有会社:JR貨物/元・保有会社:国鉄

○解説

1982(昭和57)〜1984(昭和59)年にかけて登場した直流型電気機関車。EF60の4次量産車(200番台)を改造した車両である。

 1000t以上を越える列車を、山陽本線の瀬野〜八本松間の急勾配を通過させるために最後尾に補機として連結、推進運転させることを目的としている。

EF67 0番台(国鉄色)
(写真:山陽本線 西条駅 撮影:リン)
EF67は片側はEF60 200番台時代と変わらぬデザインとなっているが、もう片側は貫通型に改造されており、前後でデザインが異なるのが特徴。

EF67

100番台(更新色)
写真:山陽本線 撮影:さくら電鉄様平成2年登場。
 100番台は、JR貨物がEF61形200番台を置き換えるためにEF65を改造した車両。

 更新工事がされた車両は、運転台周りが黒く塗られるなどの塗装変更が実施され、引き締まった表情となった。

↑ PAGE TOP