キハ66系一般形気動車


電化された筑豊本線を離れ、長崎地区で活躍中。青をベースにしたシーサイドライナー色をまとう。
(写真:長崎本線 長崎駅/撮影:デューク)

●基本データ

デビュー年:1975(昭和50)年
運転区間:長崎本線、大村線
元:運転区間:筑豊本線、篠栗線、日田彦山線など

●様々な運用をこなす予定だった、汎用型気動車

 山陽新幹線博多開業に合わせ、北九州地区の老朽気動車を置き換えるために開発された、九州専用の車両。キハ66形+キハ67形の2両1編成で運用され、通勤通学輸送から急行運用までこなせる汎用型気動車である。座席間隔910mmの転換クロスシートと冷房装置を備え、当時の一般形気動車には珍しい、字幕式の側面方向幕も取り付けられた。
 
 試作的要素が強く、製造初年度の15編成30両で製造は打ち切り。ただし、試作車としての役目は立派に果たし、その後の気動車に大きな影響を与えている。長らく筑豊本線、篠栗線で活躍していたが、2001年に電化されたため、現在は長崎本線に活動の場を移している。

 ちなみに2000(平成12)年にはミレニアム塗装として登場時の国鉄急行色に戻された車両が登場(2011年2月に2本目が登場)。現在もシーサイドライナー色に混じって活躍中である。また、2010(平成22)年には、ハウステンボス色が新たに登場し、カラーバリエーションが豊かな形式になってきた。

●キハ66系カラーバリエーション一覧&車内


 2000年に国鉄時代の塗装に戻された車両。現在も長崎地区で活躍中。
(写真:長崎本線 長崎駅/撮影:デューク)

2010(平成22)年に登場したハウステンボス塗装。従来、他の車両で見られたハウステンボス色とは大きく異なる配色である。
(写真:長崎駅/撮影:裏辺金好)

「キスマイ★ライナー」ラッピング車。2016年(平成28年)秋の「長崎デスティネーションキャンペーン」にあわせ、イメージキャラクターのKis-My-Ft2のラッピングを車体側面へ施したもの。
(写真:長崎本線 長崎駅/撮影:裏辺金好)

筑豊本線・篠栗線時代のキハ66。JR九州の旧国鉄一般形車両と同じ塗装だった。
(写真:筑豊本線 博多駅/撮影:雑学の博物館 禁転載)

 キハ66系の車内。ドア両脇はロングシート。(撮影:デューク)

↑ PAGE TOP