キハ85系特急形気動車


ステンレス車体にオレンジ色の帯、そして白い顔は、これ以後JR東海の標準的な特急デザインとなった(371系を除く)。
(写真:特急ひだ 尾張一宮駅/撮影:デューク)

●基本データ

デビュー年:1989(平成元)年
保有会社:JR東海 最高速度:120km/h
使用列車:ひだ、南紀
運転区間:東海道本線、高山本線、関西本線、紀勢本線、伊勢鉄道線

●ワイドビューの愛称は伊達ではない

 JR東海管内の中でも有数の観光地である高山。
 ここと名古屋を結ぶ特急「ひだ」に使用されるキハ80系が老朽化著しく、観光輸送にはいささか適さなくなってきていた。そのためサービス向上を狙い、1989(平成元)年にJR東海初の特急形気動車として誕生したのが、このキハ85系である。1992(平成4)年には、やはりキハ80系を使用していた三重方面の特急「南紀」にも投入され、これを全て置き換えた。

 これ以後、JR東海の殆どの特急につけられることになる”ワイドビュー”という愛称を最初に冠したこの車両は、その名にふさわしく非常に開放的で窓から景色を眺めやすくなっている他、居住性もキハ80に比べて大幅に向上。また、カミンズ社製の強力なエンジンを搭載した他、先頭車両の形状は非貫通型と、増結を考慮した貫通型の2種類が存在し、需要に柔軟に対応している。さらに、小ぶりながら絵入りトレインマークも付く。

○キハ85系貫通型先頭車


キハ82系に引き続いて増結を考慮した先頭車両も用意されている。
(写真:東海道本線 山崎駅付近/撮影:デューク)

○高山本線全通80周年記念ラッピング車


2014年10月にキハ85 12に施されたラッピング。
(写真:東海道本線 名古屋駅/撮影:裏辺金好)

↑ PAGE TOP