キヤ95系


(写真:東海道本線 清洲駅/撮影:リン)

●基本データ

デビュー年:1996(平成8)年
最高速度:120km/h

●ドクター東海の愛称を持つ

 JR東海が老朽化した193系電車の置き換えと、非電化区間用にJR西日本からキヤ191系を借り入れる状態を解消するために投入した検測車両。JR東海全線のほか、周辺の第三セクター鉄道などにも貸し出されている。
 3両編成2本が日本車輌製造で製造された。

●形式ガイド


キヤ95−1〜
(キヤ95−1 東海道本線 清洲駅/撮影:リン)
東京方の車両で、架線測定など電力関係を担当。

キサヤ94−1〜
(キサヤ94−1 東海道本線 清洲駅/撮影:リン)
エンジンを搭載していない付随車で、軌道検測を担当。中間にも軌道検測用の台車を装備している。

キヤ95−1〜
(キヤ95−1 東海道本線 清洲駅/撮影:リン)
大阪方の車両で、信号・列車無線など信通関連の測定を担当。
国鉄・JRその他車両一覧へ
日本の旅・鉄道見聞録トップページ
裏辺研究所トップページ

↑ PAGE TOP