125系


3扉に見えるが真ん中は準備工事。使うほど乗客が増える日は来るか?
(写真:小浜線 敦賀駅/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:2003(平成15)年
運行区間:北陸本線、湖西線、小浜線、加古川線
保有会社:JR西日本

●1両でも運用可能な新型ローカル電車  京都府北部・福井県西部の小浜線電化に合わせて投入された車両で、JR西日本のローカル線電化では珍しく、新型の車両を投入したことが話題となった。バリアフリーの時代に合わせ、車椅子のためのスペースを設置。さらにトイレは身障者にも対応。最高時速は120km/h(もっとも、なかなか本性能を発揮することはないが)と、色々と工夫が凝らされている。

 なお、ワンマン運転対応の両運転台の車両のみ存在。1両編成を基本に、2両で運用されることもある。また、2004年12月には、兵庫県の加古川線にも投入され、さらに2006年10月の北陸本線の長浜〜敦賀、湖西線の永原〜近江今津間の直流化に伴い、同区間にも投入され、活躍区間を広げている。

 車内はドア付近がロングシートで、残りは2+1の転換クロスシートとなっている。そのため、従来車両より開放的である一方で座席数が少なくなった点は否めない。実際、批判の声も多く、小浜線の場合は地元自治体の負担で座席増工事が行われた。

↑ PAGE TOP