E127系一般形電車


701系の新潟版となったE127系だが、新潟地区に投入された0番台の前面デザインは異なっている。
(写真:白新線 豊栄駅/撮影:裏辺金好)

●基本データ・運用区間

デビュー年:1995(平成7)年
運行区間:信越本線、篠ノ井線、弥彦線、越後線、妙高はねうまライン
元運行区間:白新線、羽越本線

●新潟地区165系置き換え用として登場

 当時、新潟地区では主に115系が運用されていたが、その一方で昔からの急行型電車165系も、数多く普通列車に使われていた。しかし、老朽化著しく、また通勤などの運用に向かない構造だったため、E127系が誕生することになった。

 E127系は、東京で使用されている209系電車がベースで、制御機器にVVVFインバータを搭載した3扉オールロングシートの車両。車体、内装とも非常に類似している。2両編成が基本で、最大6両まで運用される。また、ワンマン運転も行われ、それに伴う機器も装備している。

 1998(平成10)年には、大糸線向けに100番台が登場。こちらは顔のデザインは東北で運用中の701系に準じ、やや単調なデザインになってしまった。 一方で車内は、東側がロングシート、西側(北アルプスなどの方向)がクロスシートのセミクロスシート構造となっている。

 なおE127系100番台は、2013(平成25)年3月16日改正から運用を大幅に拡大し、信越本線(長野〜篠ノ井)、篠ノ井線、中央本線(塩尻駅〜小淵沢、塩尻〜辰野〜岡谷)での運転が開始された。

 2015(平成27)年3月14日改正からは、新潟地区のE127系0番台12編成中10編成が、信越本線(直江津〜妙高高原)を経営移管する、えちごトキめき鉄道(妙高はねうまライン)に譲渡され、ET127系に形式を変更した上で、「妙高山」を「芽吹くグリーン」で表現したデザインに変更。

 JRに残る2編成は弥彦線を中心とした運用に従事することになった。

●E127系バリエーション一覧


E127系100番台の外観は701系と同じデザインとなった。帯の色は長野支社の115系に合わせたもの。
(写真:大糸線 松本駅/撮影:裏辺金好)

新潟地区のE127系0番台の東京ディズニーリゾート30周年ラッピング車。
(写真:信越本線 新潟駅/撮影:裏辺金好)

新潟地区のE127系0番台の越後線社会実験増便実施中ラッピング車。沿線の「ゆるキャラ」なども貼られている。
(写真:越後線 新潟駅/撮影:裏辺金好)

えちごトキめき鉄道オリジナル塗装。
(写真:妙高はねうまライン 北新井〜妙高高原/撮影:裏辺金好)

●車内の様子


長野県内で活躍するE127系100番台は、ロングシートとボックスシートの組み合わせ。
(撮影:裏辺金好)

●形式ガイド

▼0番台

 新潟地区で運用されていた165系の置き換え用として登場した、E127系の基本番台。2両編成が基本単位で、車内はオールロングシートである。


クモハE127−1〜
(クモハE127−1 信越本線 新津駅/撮影:裏辺金好)
パンタグラフを搭載した制御電動車。

クハE126−101〜
(クモハE127−1 信越本線 新津駅/撮影:裏辺金好)
制御車でトイレを設置している。

▼100番台

 大糸線向けの車両として登場し、2013(平成25)年3月改正からは長野地区の広いエリアに運用範囲を拡大。パンタグラフがシングルアーム化され、砂まき装置が取り付けられた。また、車体は前面や側面窓の窓割が701系に近いものになった。車内の座席は東側がロングシート、西側がクロスシートの配置になっている。


クモハE127−101〜
(クモハE127−101 大糸線 松本駅/撮影:ロクマルサン)
松本方先頭車で制御電動車。

クハE126−101〜
(クハE126−101 大糸線 松本駅/撮影:ロクマルサン)
南小谷方先頭車。

↑ PAGE TOP