221系一般形電車


リニューアル前の221系。
(写真:福知山線 尼崎駅/撮影:デューク)
     

●基本データ

デビュー年:1989年
運行区間:東海道本線、山陽本線、湖西線、草津線、大阪環状線、奈良線、関西本線、和歌山線、桜井線、赤穂線、播但線など
元運転区間:福知山線、阪和線、紀勢本線
保有会社:JR西日本

●アーバンネットワーク構築の立役者

 JR各社は発足すると、特急電車の新造に取りかかったの対し、JR西日本は、この近郊型電車の新造に入った。それは、関西が私鉄の競争の激しい地域だということを表している。221系は、それまでになくハイグレードな車両を目指し誕生し、車内、車外共にデザインは国鉄色を払拭し、明るく、それでいてシックな雰囲気にまとめた。特に側面窓は従来車に比べて天地方向に大きく拡大したほか、さらに120km/hの運転も行う、非常にハイスピードな車両でもある。 また、ステンレス車両が普及する中で、普通鋼製としたのも特徴である。  さて、221系は、まず東海道・山陽本線の新快速に投入された。

 そして改良型である223系が登場する前後に、他のJR西日本の線路にも投入・転属をはじめ、姫路、奈良、和歌山、福知山、長浜、さらには臨時で岡山周辺など関西を中心とした西日本のあちこちで見かけることが出来る。  2両編成からの運用も可能で、輸送量に応じたきめ細やかな運用が出来るのも特徴。

 なお、原則として現在は新快速の運用にはつかない。

●リニューアル車


2013(平成25)年に登場したリニューアル車。外観面では前面への行先表示器を設置、スカートの交換などが目立つ。車内はバリアフリー化が進められ、トイレの改造等も行われた。
(写真:奈良線 新田駅/撮影:裏辺金好)

4両編成など、併結運用に就く編成には前面に転落防止幌が追加された。
(写真:奈良線 黄檗駅/撮影:裏辺金好)

●車内


リニューアル前の車内。アーバン線区では一番良く出会う茶系の転換クロスシート。ドア部のみ固定式で、補助席は設定なし。(解説・撮影:うめ吉)

車内の旅客案内表示器が、ドア上でなく車両の前・後部の壁面に設置されていて、クロスシートからはこちらの方が見易い。時計があるのも特徴(解説・撮影:うめ吉)

リニューアル後の車内。モケットが交換されたほか、つり革、手すり等は黄色くなった。(撮影:裏辺金好)

トイレはリニューアルにより、バリアフリー対応トイレに変更。(撮影:裏辺金好)

車内扉上に設置されている行先表示(撮影:裏辺金好)

●細部


種別・行先表示器(撮影:鐵)

種別・行先表示器。こちらは行先を白色LEDに更新している。(撮影:鐵)

パンタグラフ(撮影:鐵)

台車(撮影:鐵)

●形式ガイド


クモハ221−1〜
(クモハ221−36 大阪環状線 新今宮駅/撮影:ロクマルサン)
モハ221−1〜とユニットを組むユニット方式の制御電動車。界磁添加励磁装置を搭載。

モハ221−1〜
(モハ221−36 大阪環状線 新今宮駅/撮影:ロクマルサン)
クモハ221−1〜とユニットを組むユニット方式の電動車。SIV・CPを搭載。

サハ221−1〜
(サハ221−36 大阪環状線 新今宮駅/撮影:ロクマルサン)
ユニット方式の付随車。モハ221−1〜の次位に連結される。

モハ220−1〜
(モハ220−21 大阪環状線 新今宮駅/撮影:ロクマルサン)
1M方式の電動車。6・8両編成を組成する際にユニット方式車の中間に連結される。界磁添加励磁装置・SIVを搭載。

サハ220−1〜
(サハ220−21 大阪環状線 新今宮駅/撮影:ロクマルサン)
1M方式の付随車。モハ220の次位に連結される。CPを搭載。

クハ221−1〜
(クハ221−36 大阪環状線 新今宮駅/撮影:ロクマルサン)
ユニット方式の制御車。トイレを備える。

↑ PAGE TOP