255系特急形電車


(写真:京葉線 新習志野駅/撮影:デューク)

●基本データ

デビュー年:1993(平成5)年
保有会社:JR東日本
最高速度:130km/h
使用列車:さざなみ、わかしお、しおさい
元・使用列車:ビューさざなみ、ビューわかしお 、ホームライナー千葉
運行区間:京葉線、内房線、外房線、総武本線
元運行区間:中央本線など

●成田エクスプレスの房総特急バージョン

N’EX253系をベースに、1993年登場。房総半島を走る特急に投入され、愛称も新たに「ビューさざなみ」「ビューわかしお」に投入された。ちなみに、デザイン担当も同じチームのため、よく見ると側面の窓の配置などが、253系と似ている。

 車内設備は工夫が凝らされ、例えば、普通車には肘かけ収納のアームテーブルを採用し、グループで座席を向かい合わせにしてもテーブルが使えるよう設計されている他、JR東日本の特急形電車としては初のVVVFインバータ制御というモーターを搭載した。

 意外に、5編成が製造されただけに留まり、2005年12月改正より愛称から「ビュー」をはずし、現在は「さざなみ」「わかしお」「しおさい」等で運用される。以前は土日には特急「ビューかいじ」として中央線でも運用されていた。

●車内の様子


普通車の車内
(撮影:裏辺金好)

グリーン車の車内
(撮影:裏辺金好)

●ギャラリー


ロゴマーク
(撮影:裏辺金好)

愛称・行先表示
(撮影:裏辺金好)

↑ PAGE TOP