323系一般形電車


103系や201系の伝統を受け継いでオレンジ色を強調。
(写真:大阪環状線 大正駅/撮影:鐡)

●基本データ

デビュー年:2016(平成28)年
運行区間:大阪環状線、桜島線
最高速度:100km/h
保有会社:JR西日本

●大阪環状線用に登場した通勤電車

 103系や201系といった国鉄時代に製造された車両が主力を務めていた大阪環状線に対し、大阪環状線改造プロジェクトの一環として投入された新造の通勤型電車。

 8両編成で、すべての車両が0.5M方式の電動車。外観等の構造は225系2次車や227系をベースとし、側扉が3ドアであるのも共通。103系や201系は4ドアであったが、阪和線や大和路線などからの乗り入れ車両(221系、225系など)と3ドアで統一することで将来的なホームドア対応に備えることとした。

 103系や201系のイメージを継承して、オレンジ色をアクセントカラーとしているほか、大阪環状線改造プロジェクトのロゴマークを先頭部および側面にデザイン。

 車内はオールロングシートで、液晶ディスプレイによる車内案内表示装置を側扉上に計6か所(12面)と妻部に2か所(4面)設置している。

●ギャラリー



クリスマス限定企画で、路線記号を表示する部分がクリスマスツリーに。
(写真:大阪環状線 大正駅/撮影:ネオン)

↑ PAGE TOP