413系一般形電車


北陸地区の普通列車では珍しく、側面方向幕を装備。
(写真:北陸本線 高岡駅/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:1986(昭和61)年
保有会社:JR西日本、あいの風とやま鉄道
運行区間:北陸本線、七尾線、あいの風とやま鉄道線、えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン、IRいしかわ鉄道線

●車体だけ新しく造ってみました

 413系は、北陸本線用に1986(昭和61)年から投入された車両。通勤・通学用には使い勝手の悪かった471系、473系などの急行型電車の機器を再利用し、車体を新製する事でコストの低減を図った。また、一部編成の先頭車は455系から転用したクハ455形を用いている。

 いずれも3両編成であり、左右に両開き2扉を配置し、車内は扉付近をロングシート、その他をボックスシートとしたセミクロスシート配置としてラッシュ時の乗降性を高めている。また、2015(平成27)年3月14日の北陸新幹線金沢開業に際して、北陸本線の一部が第三セクター鉄道へ経営分離されたことから、「あいの風とやま鉄道株式会社」に3両×5編成が体質改善工事を施行の上で譲渡された。

 ラッシュ時を中心に運用されているほか、2016(平成28)年9月28日からはAM03編成(もとB03編成)がイベント対応車両「とやま絵巻」として簡易改造された上で、運転開始。塗装は黒を基調とし、おわら風の盆や五箇山の合掌造り、氷見の寒ブリなど16種類の色鮮やかなイラストを描いたほか、内装は座席のモケットを緑色や青色のカラフルな生地に張り替えている。

 一方、JR西日本に残存した車両については、新たに七尾線での運用も開始された。

 なお、本系列は交直流両用車であるが、同様の手法によって常磐線、九州南部向けに717系交流電車が同時期に誕生している。

●カラーバリエーション


2012年1月に登場した、青一色に単色化された車両。
(写真:北陸本線 高岡駅/撮影:リン)

2015年4月に登場した、七尾線向けの単色。
(写真:七尾線 能瀬〜宇野気/撮影:CH ※禁転載)

あいの風とやま鉄道のイベント対応編成である「とやま絵巻」。
(写真:あいの風とやま鉄道線 高岡〜西高岡/撮影:リン)

形式ガイド


クモハ413−1〜
(クモハ413−1 IRいしかわ鉄道線 金沢駅/撮影:裏辺金好)
糸魚川方の制御電動車。 クモハ471形の車体更新車で、電気機器や冷房装置、台車などが流用されている。

モハ412−1〜
(モハ412−1 IRいしかわ鉄道線 金沢駅/撮影:裏辺金好)
中間電動車で、モハ470形の車体更新車。冷房装置は集中型。

クハ412−1〜
(クモハ413−1 IRいしかわ鉄道線 金沢駅/撮影:裏辺金好)
金沢方の制御車で、大半はクハ451形の車体更新車であるが、クハ412−3、クハ412−83・8はサハ451形の車体更新車である。また、トイレ・水タンク・汚物処理装置を搭載している。

↑ PAGE TOP