415系(保有会社:JR東日本JR西日本JR九州/元・保有会社:国鉄
     J.N.R/J.R. Suburban Trains Series 415

JR東日本の415系。長らく常磐線と水戸線で活躍してきたが、E531系投入により引退した。
(写真:常磐線 柏駅/撮影:デューク)
●基本データ・運用区間
デビュー年:1971(昭和46)年
運行区間:七尾線、北陸本線、鹿児島本線、日豊本線、長崎本線、佐世保線
元運行区間:常磐線、水戸線

●ステンレス車体も存在する3種類の415系
 403系や423系といった系列を統合し、50hz/60hz両対応の近郊型電車として誕生。まず113系などと同様のデザインで登場した。その後、数次にわたり量産され、それに伴い細かいバリエーションが登場。常磐線や九州北部で順次、運転を開始している。

 ところが、1986(昭和61)年登場の車両(1500番台)は、がらりと印象を変更した。211系に準じたステンレス車体と白いマスクの顔に変更となった。また、JR東日本では2階建ての先頭車を1両試作。これは、後にオール2階建て電車の215系として華開くが、415系ではこの先頭車1両だけで製造が終了。しかも、215系は415系が走る常磐線にはやってこない。

 また、改造車両としてはJR西日本が七尾線用に投入した車両(800番台)がある。こちらは、平成3年に七尾線電化に合わせ、特急型電車485系の交流機器をはずして113系に装備させたものである。

 なお、JR東日本の415系は0番台などの普通鋼製車両が2007(平成19)年3月改正で全車が引退。ステンレス車体の1500番台も上野口からは撤退し、常磐線友部〜原ノ町間など、水戸周辺での運用に限られるようになったが、それも2016(平成28)年3月26日改正で全運用を離脱した。

 一方でJR九州では引き続き博多、小倉、大分周辺で使用されるほか、普通鋼製車両の一部が鹿児島周辺でも運用されている。





●415系バリエーション一覧

 登場時の415系の塗装。2000年からJR九州で、2001年からJR東日本でリバイバルしたことがあった。
どちらも現在では見られない。
(写真:鹿児島本線 門司駅/撮影:裏辺金好)


 JR九州の415系。常磐線の415系と似た塗装だが、屋根下にも青いラインが1本入る。
(写真:鹿児島本線 博多駅/撮影:裏辺金好)


小倉総合車両センター「工場まつり2011」で展示された「安全伝車」。車両の右半分は通常の九州カラーだが、左半分は一体・・・。
(写真:小倉総合車両センター/撮影:AC20kV-DC1500V)


 常磐線と水戸線を走る211系タイプの415系1500番台。JR九州にも同型が存在するが(→下写真)、
JR東日本車は帯の色がJR九州車よりも濃くなっている。。
(写真:水戸線 下館駅/撮影:裏辺金好)


鹿児島本線・日豊本線を走る211系タイプの顔つき、415系1500番台。
(写真:鹿児島本線 小倉駅/撮影:裏辺金好)


 七尾線を走る415系800番台は、元々は113系を改造したもので、本家の415系とは関係はない。
登場時の塗装は下3分の1をグレー、車体中央に白いラインを配し、上部は先頭車が青、中間車がピンクという塗り分けだった。
(写真:北陸本線 金沢駅/撮影:裏辺金好)


単色化を進めるJR西日本が七尾線の415系800番台に採用したのは、輪島塗をイメージした赤系統の色。
(写真:七尾線 免田〜宝達/撮影:CH様 禁転載)


七尾線の415系800番台は、2011年以降にラッピング編成も数多く誕生。こちらは「七尾とうはくん号」。
(写真:七尾線 七尾駅/撮影:裏辺金好)


2012年7月に415系800番台に施されたラッピング車「国宝長谷川等伯号」。
(撮影:CH ※禁転載)


2012年7月に415系800番台に施されたラッピング車「国宝長谷川等伯号」。編成の前後でラッピングデザインが異なる。
(撮影:CH ※禁転載)


 JR九州の415系のうち「よかトピア」用に変更された塗装。1989年3月17日から9月3日まで、福岡市制100周年を記念した「アジア太平洋博覧会’89」(よかトピア)@「シーサイドももち」のPR塗装でヘッドマークはイメージキャラクターである「太平くんと洋子ちゃん」。故手塚治虫氏がデザインしたもの。
(写真:鹿児島本線 博多駅/撮影:もこてん)

 JR東日本の常磐線でただ1両活躍していた415系2階建て車両(クハ415-1901)だが、試作的要素のまま終わり、E531系投入に伴い運用離脱。2006年に解体された。
(写真:常磐線 上野駅/撮影:もこてん)