E657系特急形電車


(写真:常磐線 金町駅/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:2011(平成23)年 ※営業運転開始は2012(平成24)年
最高速度:130km/h
使用列車:ひたち、ときわ
元使用列車:スーパーひたち、フレッシュひたち
運行区間:常磐線
保有会社:JR東日本

●ブロードバンド環境にも対応した新たな常磐線特急

 特急「スーパーひたち」「フレッシュひたち」で運用されている651系と、E653系を置き換えるためにJR東日本が投入した交直流特急車両で、10両編成×16本が登場。2012(平成23)年3月3日の臨時特急「復興いわきフラガール号」で営業運転を開始し、3月17日改正から「スーパーひたち」「フレッシュひたち」で定期運転を開始した。

 車体はアルミニウム合金によるダブルスキン構造を採用し、制御方式はIGBT素子を用いたVVVFインバータ制御。ビジネス客等に対応し、WiMAXを利用したブロードバンド環境の整備と各座席にコンセントと、ノートパソコンに対応したテーブルが設置。また、先頭車とグリーン車にはフルアクティブサスペンションを搭載し、さらに車体間ダンパを全車に装備することで乗り心地の向上を行っている。

 2015(平成27)年3月14日改正では、上野東京ライン開業に伴い常磐線の特急が「ひたち」(←スーパーひたち)、「ときわ」(←フレッシュひたち)の2本立てに再編されている。

●車内の様子


普通車は、黒色を基調にした座席モケットによりシックな雰囲気。
(撮影:裏辺金好)

●形式ガイド


クハE656−1〜
(クハE656−2 常磐線 金町駅/撮影:裏辺金好)
上野方の1号車である制御付随車。

モハE657−201〜
(モハE657−202 常磐線 金町駅/撮影:裏辺金好)
2号車となる中間電動車で、パンタグラフなどを搭載している。

モハE656−201〜
(モハE656−202 常磐線 金町駅/撮影:裏辺金好)
3号車となる中間電動車でモハE657−201〜とユニットを組む。

サハE657−1〜
(サハE657−2 常磐線 金町駅/撮影:裏辺金好)
4号車で中間付随車。

サロE657−1〜
(サロE657−2 常磐線 金町駅/撮影:裏辺金好)
5号車でグリーン車。また車販準備室や多目的室などを設置。

モハE657−101〜
(モハE657−102 常磐線 金町駅/撮影:裏辺金好)
6号車となる中間電動車でパンタグラフなどを搭載している。

モハE656−101〜
(モハE656−102 常磐線 金町駅/撮影:裏辺金好)
7号車となる中間電動車でモハE657−101〜とユニットを組む。

モハE657−1〜
(モハE657−2 常磐線 金町駅/撮影:裏辺金好)
8号車となる中間電動車でパンタグラフなどを搭載している。

モハE656−1〜
(モハE656−2 常磐線 金町駅/撮影:裏辺金好)
9号車となる中間電動車でモハE657−1〜とユニットを組む。

クハE657−1〜
(クハE657−1 常磐線 金町駅/撮影:裏辺金好)
10号車となる制御付随車で、いわき方の先頭車。クハE656と異なり・トイレ・洗面所は装備していない。

↑ PAGE TOP