883系 (保有会社:JR九州
     J.R. Limited Express Series 883

現在の883系は全てリニューアルされた「青いソニック」塗装。ステンレス部まで全て濃い青に塗られ、ロゴも銀色一色に。
(写真:特急ソニック /撮影:リン)
●基本データ・運用区間
デビュー年:1995(平成7)年   最高速度:130km/h
使用列車:ソニック、きらめき
元使用列車:ソニックにちりん
運行区間:鹿児島本線・日豊本線

●青い「ソニック」としてリニューアル
  1995(平成7)年、特急「つばめ」に引き続き、博多〜大分間の特急に「ソニックにちりん」としてJR九州が投入した車両である。急曲線の多い日豊本線のスピードアップを目的とし、制御入り振り子システムを採用。車体を傾け、曲線部でもスピードを出す。

 787系に引き続き、水戸岡氏がデザインしたこの車両は、「つばめ」とは印象をがらりと変え、遊び心満載の車両となっているのが特徴。それは、ワイパーや連結器のカバーにも現れており、不必要ながらも不思議な形をしたものが取り付けられている。また、車内の座席もミッキーマウスのような形の耳がついたものであったりして、非常に楽しい。

 現在は「ソニック」として博多〜大分・佐伯間を走る。なお、「ソニック」とは「音速の」を意味する形容詞。「ソニックにちりん=音速のにちりん」と意味が通ったが、「ソニック」だけでは、ちょっと意味が・・・。

 なお、各編成が先頭車の形状、塗装などが異なりファンや利用客を楽しませていた883系だったが、2005(平成17)年より全身をブルーメタリックで塗装し、室内もミッキーマウスの形は残しつつ、落ち着きのある色彩へとリニューアル工事が進められており、現在では全ての車両がリニューアルを終了している。

 また2008(平成20)年7月には着席率向上のため、5両編成だった3編成に対し、885系風の車体で新造された2両を組み込み7両編成に組成を変更。車体がステンレスからアルミ合金へ変わり、従来車両と比べて側面ビートの廃止や窓の形状が異なるなど異色の形状となっており、かなり違和感のある凸凹編成となっている。

●883系バリエーション一覧

883系のうち、最初に登場した編成。
(写真:特急ソニック 博多駅/撮影:裏辺金好)



リニューアル前の883系。カラフルなロゴが多数描かれていた。
(写真:特急ソニック 博多駅/撮影:裏辺金好)



前面形状が僅かに変更されたタイプ。883系は、「S」マークが特徴的な、このタイプの顔つきが主流となっている。
(写真:特急ソニック 博多駅/撮影:裏辺金好)



前面のパネルがシルバーとなった編成。
(写真:特急ソニック 小倉駅/撮影:裏辺金好)



こちらは前面パネルが黄色。
(写真:特急ソニック 大分駅/撮影:裏辺金好)


こちらは前面パネルが黒色。
(写真:ソニック 戸畑駅/撮影:SONIC HOUSE 禁転載)


「青いソニック」塗装。こちらは最初の写真とは前面形状が異なる。
(写真:特急ソニック /撮影:リン)


2010(平成22)年8月6日から9月28日まで、883系を使用して運転されたEXILE EXPRESS。大分でのライヴに協賛したもの。
(写真:特急ソニック /撮影:リン)


6号車はメンバーの姿が大きくラッピングされ、異彩を放っていた。
(写真:特急ソニック /撮影:リン)


2008年7月、5両編成の7両編成化で登場した1000番台。885系に準じたもので、車体がステンレスからアルミ合金製となった。
(写真:特急ソニック 西小倉駅/撮影:裏辺金好)

●車内の様子など

グリーン車の2人用座席。
(撮影:こうちゃん)



パノラマキャビン。この席はグリーン車乗客専用のため、普通車の乗客は利用できない。
(撮影:こうちゃん)



後に5両編成→7両編成化のため、885系タイプの車体で登場した車両の車内。座席の形状は従来車と異なる。
(撮影:裏辺金好)



同じくそのデッキ部分。
(撮影:裏辺金好)



パンラマキャビンから見た展望。傾き具合から振り子機能が作動しているのがわかる。
(撮影:こうちゃん)



883系の運転席。
(撮影:こうちゃん)