叡山電鉄900系


903−904編成は「メープルオレンジ」塗装。
(写真:叡山本線 鞍馬駅/撮影:裏辺金好)

●基本データ

デビュー年:1997(平成9)年
運行区間:叡山本線、鞍馬線

●パノラミック電車「きらら」

 叡山電鉄が観光客向けに投入した車両で、側面は屋根近くにまで窓が設置されており、さらに一部の座席が窓側に向けて配置いるのが特徴。京都でも特に風光明媚な区間を行く車両として、画期的なものである。

 2両編成×2編成が投入され、塗装は下3分の1を白色に金色のラインとし、上部を901−902編成が「メープルレッド」、903−904編成が「メープルオレンジ」と異なるアクセントカラーにしている。また、制御方式はデオ800形と同じく8M1C方式である。

●カラーバリエーション


901−902編成は、2019(平成31)年3月21日から2020(令和2)年12月まで「青もみじきらら」塗装となっている。
(写真:叡山本線 宝ヶ池駅/撮影:ネオン)

↑ PAGE TOP